【直送】 赤道儀 APマウント [同送不可] ビクセン-天体望遠鏡

【直送】 赤道儀 APマウント [同送不可] ビクセン-天体望遠鏡

【直送】 赤道儀 APマウント [同送不可] ビクセン-天体望遠鏡


メーカー直送品

【製品特徴】
■鏡筒部分を自由自在に動かして目的の天体に向けることが可能な、フリーストップ式を採用
■天体を追うための独特な動きをする赤道儀ながら、抜群の操作性を実現
■フリーストップで天体をとらえた後は、微動ツマミ(赤経)を回わして天体追尾が可能
■別売パーツ「ポーラメーター」を装着すれば簡単に極軸を合わせることが可能
■初めて赤道儀を使う方でも気軽に本格的な天体観測が可能
【製品仕様】
●「APマウント」を構成するパーツ
・手動モジュール×2
・AP極軸体ユニット ※APクランプは含まれません。
・APクランプ筒受ユニット
・AP赤緯体セット
●赤径微動:ウォームホイルによる全周微動 (手動)φ58.4mm・歯数144山
●赤緯微動:ウォームホイルによる全周微動(手動)φ58.4mm・歯数144山
●ウォーム軸:φ9.8mm・真鍮製(赤経・赤緯共通)
●赤経・赤緯軸材質:φ59mm・フリーストップ式粗動対応、材質/アルミ合金
●ベアリング数:ボールベアリング:7個
●ウェイト軸:φ20mm・スチール製
●極軸望遠鏡(別売):極軸望遠鏡PF-L(別売)対応
●極軸設定方位微動:ダブルスクリュー式、ツマミ付 微動範囲/約6.5°(ツマミ1回転約1.4°)
●極軸設定高度微動:タンジェントスクリュー式、ツマミ付 範囲/約0~65°(ツマミ1回転約1.9°)
●搭載可能重量:約6kg(モーメント荷重150kg・cm:不動点より25cmで約6kg)
●大きさ:高さ263×幅302×厚さ96mm(突起部を除く)
●質量:3.6kg(ウェイト別)
●付属品:ウェイト1kg×1個、カラー星空ガイドブック、星座早見盤
■1世紀ぶりに木星、土星、火星が相次ぎ最接近!■

木星、土星、火星が2018年5月10日から夏にかけて、地球に相次ぎ最接近し、
空のほぼ同じ方角に明るく並びます

各惑星の色にも特徴があり、木星が薄茶色、土星が黄色、火星が赤色で
肉眼でも色の違いが分かるそうです

土星は15年周期で輪の傾きの見え方が変化するが、現在は傾きが大きい時期
天体望遠鏡を使えば美しい土星の輪を鑑賞できます

最接近するのは
木星:5月10日(木)
土星:6月28日(木)
火星:7月31日(火)

これから秋にかけて天体ショーが楽しめる時期です
■1世紀ぶりに木星、土星、火星が相次ぎ最接近!■

木星、土星、火星が2018年5月10日から夏にかけて、地球に相次ぎ最接近し、
空のほぼ同じ方角に明るく並びます

各惑星の色にも特徴があり、木星が薄茶色、土星が黄色、火星が赤色で
肉眼でも色の違いが分かるそうです

土星は15年周期で輪の傾きの見え方が変化するが、現在は傾きが大きい時期
天体望遠鏡を使えば美しい土星の輪を鑑賞できます

最接近するのは
木星:5月10日(木)
土星:6月28日(木)
火星:7月31日(火)

これから秋にかけて天体ショーが楽しめる時期です

※詳しくはメーカーサイトをご確認下さい。

Vixen`天体`星`

日程 8月4日(木)・12日(金)・23日(火)
時間 11:00~ /    14:00~(40分程度)
場所 太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法 申込不要 参加無料(要入場券)

【直送】 赤道儀 APマウント [同送不可] ビクセン-天体望遠鏡

特別展

【直送】 赤道儀 APマウント [同送不可] ビクセン-天体望遠鏡

前期:9月3日(土)~9月27日(火)
リコー RICOH THETA SC ベージュ

9月5・12・20・26・28~30日/10月3・11・17・24日は休館となります。

  • 江戸文化歴史検定